前へ
次へ

賃貸管理を自分で行う際の主な業務

物件を入居者に賃貸して利益を上げる業務には、建物などの賃貸管理業務が不可欠です。賃貸管理には建物に関する仕事と、入居者に対する仕事に分けられます。建物に関する業務は清掃や点検、設備面の調査やメンテナンス、長期的な修繕計画などが挙げられます。入居者から設備や建物に対するクレームがある場合には、クレームの受付体制と対処方法も検討しなければなりません。入居者は賃貸物件にずっと居るわけではないために、退去した後の管理も仕事の内容に入ります。賃貸物件では入居者がいて初めて利益が発生します。賃貸管理は入居者の手続きや、賃貸借契約を結ぶこと、すでに入居している人との契約を更新する業務も大事です。書面を通してしっかりと契約の手続きを済ませておかなければ、後になってから入居者とのトラブルが起きる可能性もあります。借主側から連絡が入ると質問に回答する必要がありますし、何らかの要望が伝えられたときに対応するのもオーナーの仕事です。

Page Top