前へ
次へ

賃貸管理は一括委託型がおすすめ

賃貸管理契約は、賃料等の徴収や賃貸借契約の更新などの専有部の管理と、共用部分の清掃や植栽の剪定・散水などの共用部の管理を任せる一括委託型があります。この型のメリットは、管理業務がとても楽になるということです。共用部分の管理のために、自分で業者を手配する際にリサーチを行い相見積もりすることになります。また、業者の選定が終了したとしても、入居者の総意を取り入れた個別具体的な指示をすることに。こういったことは、慣れていない人がするとかなりの精神的負担がかかってしまいます。デメリットとしては、賃貸管理契約をする際に一括委託型を選ぶと費用が高額になるということです。しかしながら、自分で別に共有部の管理のために業者を手配しても費用がかかるので同じことだといえます。むしろ、一括委託型の場合はいい管理会社すれば、必要に応じていい仕事を安く請け負ってくれる業者を手配してくれ、その結果管理費用の合計で考えた場合安くなることも多々あるでしょう。

Page Top